未分類」カテゴリーアーカイブ

平成29年度12月の活動

今年も残り1日となりましたが、皆様新年を迎える準備は順調に進んでいるでしょうか?
さて、今月7日(木)は平成29年度臨時総会が開かれました。様々な話題が出ましたが、特に来年開催されます世界仏教徒会議・世界仏教徒青年会議について、活発に報告と議論がなされました。

臨時総会終了後は忘年会も催され、正会員のみならず、賛助会員である諸大徳の皆様、一般賛助企業の皆様にもご参加いただいた、和やかな会となりました。

また26日には機関誌の発送作業が行われました。皆様年末のお忙しい中、多少でもと時間を作って下さり、無事に発送することができました。もう皆様のお手元に届いている頃と思いますが、
是非ご一読下さい。

年を越せばお正月。会員の皆様には何かとお忙しい時期になりますが、そのためにも無事に年を越されますよう、お祈り申し上げます。

平成29年度 成道会

遅くなりましたが、先月行われました成道会について掲載いたします。秋も深まる11月6日、横浜市中区の曹洞宗・西有寺にて神奈川県仏教会主催による成道会が開かれました。

 

成道会は、お釈迦様のお悟りを記念して行われますが、今年もお釈迦様のご遺徳を偲び、厳粛なる法要となりました。
法要の後は恒例の記念講演となります。今年は金峯山修験本宗の田中利典長臈より、修験道を中心に、現代と宗教の関係についてお話をいだけました。神仏習合を中心とする修験道の視点は、基本的に仏教中心となる普段の考えにとって新鮮で、普段は当たり前となっている日本仏教の在り方を再考し、実感する良い契機だったと感じております。
なかなかお会いすることのない方のお話は、やはり良いものです。またこうした機会を皆様にご案内いたしますので、その時は奮ってご参加ください。

平成29年10月24・25日 京都・奈良研修会~後編~

~前編より~
研修2日目は前日夜の雨も上がり、さわやかな空気の中で奈良を巡ることができました。

朝一番にお邪魔したのは真言律宗の浄瑠璃寺です。「九体寺」の通称で知られるこのお寺は、本堂を西方極楽浄土、向かいの薬師如来様が安置された三重塔を東方浄瑠璃浄土に見立て、その間に宝地を配した非常に美しいお寺です。山間部に建てられた、静寂な雰囲気が印象的なお寺でした。

奈良市内では、本尊の薬師如来様をはじめ多くの仏像を擁する、国宝の本堂を持つ秋篠寺。

コスモスの花で知られ、のみならず迫力ある文殊菩薩様や細密な白鳳秘仏が素晴らしかった般若寺。

迫力ある薬師如来様と十二神将が、往時の姿を偲ばせる新薬師寺。

等々多くのお寺と、奈良国立博物館の仏像を拝観できました。
今回の報告では拝観の規定によって本堂の写真が大半となってしまいましたが、今回機会を逃した方も、次回研修会には是非ご参加下さい。

秋のにおいが深まる、古都の旅でした。

平成29年10月24・25日 京都・奈良研修会~前編~

徐々に秋も深まる10月の末、24日と25日の2日間にわたり、平成29年度の研修会が行われました。今回は2日間で京都と奈良の両方を廻るという非常に濃密な研修となり、普段関東で活動する身には、中々ご縁を持てない古都の寺院や仏様を、ゆっくりと感じるまたとない機会でありました。

京都・永観堂の中庭。初日はお天気がいまいちでしたが、ありがたいことに研修中は曇りのまま持ってくれました。寺院奥の阿弥陀堂には有名な「みかえり阿弥陀」が安置されています。

大原三千院の往生極楽院。中には国宝となる弥陀三尊像が安置されています。中央にはどっしりとした大きな阿弥陀如来様、その両隣には今にも立ち上がりそうな観音菩薩様と勢至菩薩様がおられました。お堂の周囲には様々なポーズのお地蔵様が隠れています。
この後は京都国立博物館で国宝展へ足を運び、数々の国宝を巡ることができました。仏教に関係あるものばかりではありませんが、日本が辿った文化の歴史、その一端を自分の目で直に見ることは、良い収穫となりました。

~後編へ続きます~

平成26年4月26日東大寺千僧法要写真

かるがも会交流会 ボウリング大会

3/14 横浜市・新杉田ボウルにて「かるがも会交流会 ボウリング大会」が行われました。
横浜市の「こころの健康を考えるかるがも会」は、当会が支援を続けている「かるがもの家」が中心となっておりますが、昨日は、5つの作業所や支援センター、そして当会の交流ボウリング大会でした。参加者は70名あまりでした。
当会からは3名が参加。
久しぶりのボウリングを楽しみながら、交流を深めました。

全日仏青主催の東日本大震災慰霊追悼・復興祈願法要

福島県福島市の曹洞宗常円寺様を会場に、

全日仏青主催の東日本大震災慰霊追悼・復興祈願法要が厳修されました。
全日仏青からなかなか具体的な案内が来ず、不安な心持で参加しましたが、阿部御住職の除染への取り組みのビデオや、法要後のaveさんと御住職のライブは本当に心にしみ、あらためて僧侶としてのあり方を考えさせられる機会となりました。出仕も50名ほどの、全日仏青主催としてはあまり大きくない法要でしたが、大変意義深い法要だったと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

以下全日本仏教青年会facebook