平成29年10月24・25日 京都・奈良研修会~前編~

徐々に秋も深まる10月の末、24日と25日の2日間にわたり、平成29年度の研修会が行われました。今回は2日間で京都と奈良の両方を廻るという非常に濃密な研修となり、普段関東で活動する身には、中々ご縁を持てない古都の寺院や仏様を、ゆっくりと感じるまたとない機会でありました。

京都・永観堂の中庭。初日はお天気がいまいちでしたが、ありがたいことに研修中は曇りのまま持ってくれました。寺院奥の阿弥陀堂には有名な「みかえり阿弥陀」が安置されています。

大原三千院の往生極楽院。中には国宝となる弥陀三尊像が安置されています。中央にはどっしりとした大きな阿弥陀如来様、その両隣には今にも立ち上がりそうな観音菩薩様と勢至菩薩様がおられました。お堂の周囲には様々なポーズのお地蔵様が隠れています。
この後は京都国立博物館で国宝展へ足を運び、数々の国宝を巡ることができました。仏教に関係あるものばかりではありませんが、日本が辿った文化の歴史、その一端を自分の目で直に見ることは、良い収穫となりました。

~後編へ続きます~